ダイエット 筋トレ 有酸素運動

ダイエット効果が高い運動は有酸素運動です。

水泳やジョギング、ウォーキングをしていくことで脂肪を燃焼させていって、体重を落としていくことになります。

更に筋トレを行っていくことで、有酸素運動の効果を高くしていくことも出来ます。

運動が苦手な人も、今よりもっと運動効果を高めたい人も筋トレを意識してみてはどうでしょうか。

筋トレと有酸素運動の関係

有酸素運動をすることで、脂肪を燃焼させていきやすくなります。

ですので、ダイエット中の人は食事制限をして、なるべく摂取カロリーを落とした上で、運動してカロリーを消費して体重を落としています。

それが一番いい、というのは分かっていても、運動する時間が無かったり、そもそも運動が苦手な人もいますよね。

そういう人は筋トレも取り入れていくことで、有酸素運動の効果を高くすることも出来るのです。

①脂肪を分解する

筋トレを行うと、成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンは脂肪を分解する効果がありますので、有酸素運動の前に筋トレを行うことで、より脂肪を燃やしやすくしてくれます。

尚、筋トレを行ってそのあとに何もしないでそのままにしておくと、脂肪はまた塊に戻ってしまうのだそうです。

筋トレ後は、軽くストレッチをして、有酸素運動をしていけるといいですね。

②脂肪を燃焼させてくれる

筋肉は脂肪を燃やす、というのはよく聞く話ですよね。

筋トレを行って、筋肉量を増やしていくことで、脂肪を燃やしやすくしていってくれます。

有酸素運動の効果も高くなりますので、運動が出来ない日でも筋トレを行っておけるといいですね。

筋トレと有酸素運動の優先順位

筋トレと有酸素運動を同時に行っていけると、効率よく体重を落としていきやすくなる。

という話はしましたが、それでは筋トレと有酸素運動の優先順位はどうなのか、という疑問も湧いてくると思います。

日常的に筋トレと有酸素運動を行うのであれば、筋トレ→有酸素運動で行うのがベストです。

ただ、運動が苦手な人や両方行う時間が無い人は『筋トレ』を行うのがおすすめです。

筋トレを行うことで、筋肉を成長させていくことが出来ると、一時的なカロリーの消費だけではなくて、体全体が代謝の良い痩せやすい体質に変えていくことが出来ます。

体重を落とす、という意味でのダイエット効果とは少し違いますが、痩せやすい体質を作っておけば、有酸素運動が出来るようになった時の効果は高くなりますし、年齢を重ねていって代謝が落ちることも減っていきます。

また、筋肉は一回使うと回復するのに3日間必要になります。

なるべく毎日筋トレは行っていった方がいいですので、全身の筋トレを一日で行うのではなくて、ローテーションでメニューを組んで毎日別の筋トレをしていくのがおすすめです。

運動が苦手な人には

ちなみに、運動が苦手な人の中にもタイプがいくつかあると思います。

そもそも体を動かすのが苦手な人や、ルールや正しい姿勢を覚えるのが苦手な人など、様々です。

筋トレを行っておいた方が代謝の良い痩せやすい体質に変えていくことは出来るのですが、筋トレは『正しい姿勢で行うこと』が重要になってきます。

ですので、ルールなどを覚えるのが苦手な人であればウォーキングなどから始めた方が、黙々とこなすことが出来るので合うかもしれません。

筋トレを行う場合でも、簡単な手順で出来る筋トレ方法を選んで行っていくのがいいでしょうね。

筋トレの内容にも色々種類がありますので、難しくないものから行っていって、慣れてきたら別の方法を行うのがいいと思いますよ。

おすすめはスクワットです。

スクワットも正しい姿勢がありますが、足には大きな筋肉がありますので、短い時間の筋トレでも広く筋肉を鍛えていくことが出来ます。

スクワットから筋トレを始める人も多いので、試してみてはどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする