ダイエット 筋トレ プロテイン

筋トレを中心にダイエット中の運動メニューを考えている人も多いと思います。

筋トレを行って、筋肉量を増やしていけば、その分脂肪を燃焼させていきやすくなりますので有酸素運動の脂肪燃焼効果が高くなります。

また、筋肉が増えることで太りにくい体質になっていくことが出来るので積極的に行っていってみましょう。

筋トレとプロテインの関係

プロテインを飲むと太る、というイメージを持っている人も多いと思います。

おそらく、プロテインを飲んでいる人が、筋肉質のムキムキなタイプだということが多いからではないでしょうか。

プロテインはたんぱく質という意味です。

プロテインを摂取していくことは、筋肉の原料であるたんぱく質の摂取になりますので、筋トレの内容によってはボディビルダーのような体になっていくことも可能です。

ただ、それはトレーニング方法をボディビルダー向けのものにしていった結果です。

ダイエットのためのメニューを行っていけば、多少筋肉質にはなりますが、言うほど大きな体になったりはしませんよ。

ダイエットにプロテインは必要か

そもそも、プロテインはダイエットに必要なのか、という話ですが、これは微妙なラインです。

必要ない人には必要ないですし、必要な人であれば必要です。

必要性を感じないのであれば、無理に利用していく必要はありませんので、無理に摂取していく必要はありません。

筋トレの効果アップにはたんぱく質が必要

ただ、最初にも書きましたが、筋肉の素になるのはたんぱく質です。

ですので、筋トレで筋肉量を増やしていきたいのであれば、たんぱく質の摂取が必要になってきます。

食事で高たんぱく質な食品を摂取していけているのであればいいですが、もし不安があるのでしたらプロテインを利用してみるのもいいのではないでしょうか。

筋トレがダイエットに与える効果

ダイエットの基本は、摂取カロリー以上のカロリーを消費することです。

筋トレはカロリーを消費するための運動ではないので、その面には期待が出来ません。

カロリーを消費、脂肪を燃やしていくのであれば有酸素運動が一番です。

その上で筋トレを行っていく理由は、

『脂肪を燃焼しやすくするため』
『太りにくい体質になるため』

以上の2点が大きなものです。

成長ホルモンの分泌

筋トレを行うと、成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンは、体脂肪を分解していく働きがあります。

ですので、有酸素運動の前に筋トレを行うと効率よく脂肪を燃焼させていきやすくなるのです。

ただ、分解された体脂肪はそのあと何もしなければまた固まってしまいますので、出来れば筋トレと有酸素運動は一緒に行っていけるといいですね。

筋肉量の増加

筋肉が脂肪を燃焼させる効果があるというのは聞いたことがあるのではないでしょうか。

そのため、筋トレで筋肉量を増やしていくと、太りにくい体質になっていくことが出来るのです。

目標体重をクリアしたあとも、太りにくい理想の体型を維持していくことが出来ますよ。

プロテインの必要性

プロテインを利用すると、筋肉量を増やしていくのが期待出来ます。

もちろん、飲んでも飲まなくても消費カロリーと摂取カロリーのバランスの調整が出来ていれば、ダイエットは成功させていくことが出来ます。

絶対飲まないといけない、という訳ではないですから、必要だと感じたら利用していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする