ダイエット 筋トレ 食事

ダイエットのための運動の基本や有酸素運動ですが、筋トレを取り入れたり、食事を意識していくことで、より効率よく体重を落としていくことが出来ますよ。

上手くダイエットのメニューに組み込んでいって、ダイエットをスムーズに進めていきましょう。

まずは食事から

運動も筋トレも一気に出来たらいいですが、まずは食事に気をつけていきましょう。

摂取カロリーを抑えていくことが出来れば、その分運動によって脂肪を燃やしていきやすくなります。

脂肪が燃えれば体重は落ちていきますから、摂取カロリーの調整をまずはしていくのがいいのではないでしょうか。

その方が体重は落としていきやすくなるはずです。

目標摂取カロリー

目標の摂取カロリーは目標体重×30で出すことが出来ます。

体重50kgを目標にしている人は、1500kcal以内で一日の食事を調整していけると、体重を落としていきやすくなりますよ。

いきなり目指すのは難しいと思いますので、まずは現在の食事の内容の見直しからしていきましょう。

間食をしているなら、それをやめる所からですね。

そして、普段の食事の内容のカロリーを計算して、削っていけるものから削っていきましょう。

徐々に食べる量が減ってくるでしょうし、目標の摂取カロリーに近づいていくはずです。

ダイエットレシピを参考にして、カロリー制限が出来ている食事をしていくのもいいですが、料理が苦手な人や自炊の習慣が無いと途中で挫折しやすいです。

ダイエットレシピに挑戦するのは休みの日だけ、というように出来ることから行っていくのもいいと思いますよ。

筋トレのために高たんぱく質な食事をする

特に女性は、筋肉量が少ないのでたんぱく質を積極的に摂取していくようにしましょう。

たんぱく質は筋肉の素になります。

たんぱく質が無いと、筋トレをしていっても筋肉量を増やしていきにくいですから、出来るだけ普段から積極的に食べていけるようにしましょう。

肉や魚からの動物性のたんぱく質、大豆などからの植物性のたんぱく質など、どちらでも摂りやすい方からでいいですね。

両方をバランスよく食べていければいいですが、ダイエット中だと肉を食べるのは抵抗がある人もいると思います。

そういう人は植物性のたんぱく質の摂取でもいいですし、プロテインを飲むのもいいですね。

プロテインはたんぱく質という意味ですから、食事で足りなかったたんぱく質の摂取に向いています。

プロテインを飲んだからといって太ったりもしないですし、上手く食事に取り入れていってみるのもいいですね。

筋トレも簡単なものから行う

筋トレを行うと、筋肉量を増やしていくことが出来るので、脂肪を燃やしていきやすくなります。

ですので、ダイエット中だと痩せやすくなりますし、目標体重になった時はリバウンド対策になりますよ。

筋トレはやればいいというものでもなくて、正しい姿勢、正しい方法で行っていくことが大切です。

本よりはネットやダイエットアプリで動画を見ながら、正しい方法で筋トレを行っていくようにしましょう。

有酸素運動前に行う

筋トレを行うと、成長ホルモンというホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンは脂肪を分解する働きがありますので、有酸素運動前に行えば、脂肪を効率よく燃やしていくことが出来ます。

ストレッチをして血行を良くして、筋トレで脂肪を分解、ストレッチで使った筋肉を解してから有酸素運動を始めていくと、運動効果を高めることが出来ますよ。

体重を落としていきやすくなりますので、運動する時間に余裕があるなら行ってみてはどうでしょうか。

夕方に筋トレを行う

夕方は体温が高くなる時間帯なので、筋トレを行うゴールデンタイムだと言われているそうです。

朝、昼の食事でたんぱく質を摂取しておいて、夕方にしっかりと筋トレを行っていくことで、筋肉量を増やしていきやすくなりますよ。

夕方に時間を作るのは難しいかもしれませんが、休みの日などに意識して行っていくのもいいのではないでしょうか。

毎日同じ場所の筋トレはしない

筋肉は使ったあと、回復するのに72時間必要になると言われています。

同じ場所の筋トレを行うのは、怪我の原因になるので行わない方がいいですよ。

再開するなら、筋肉痛が治まってからにしていきましょう。

もしくは、他の場所の筋トレを行っていくようなローテーション方式にしていくのもいいですね。

ただ、1ヵ所筋肉痛になっていると、他の場所の筋トレを正しい姿勢で行っていくのは難しいでしょうから、無理はしないことが大切ですよ。

効率のいいダイエットは筋トレ+食事で

運動を行っていくことでも体重は落としていけますが、効率をよくするなら筋トレと食事制限も行っていけるといいですね。

無理の無い範囲からでいいので、運動と筋トレ、そして食事制限の3つを行っていけるようにしましょう。

痩せやすくなりますし、太りにくくもなるので、理想体型を維持していくことが出来ますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする